バスケ・・

良いお天気~・・・・
昨日の雨が嘘みたい・・・

先日・・大好きな 「走れ!T校バスケット部 10巻」を読みました。

途中から、なんだかちょっと、説明できんけど、なんか今までと面白いけど、ちょっと違うなぁ・・・
と、思って読んでいたら。。。。。
最後で納得!

松崎 洋さんは、昨年病気で他界されていて、
その意思をついだ、息子さん(松崎 準さん)が、途中になっていた原稿を
最後まで仕上げた・・・って事が書いてありました。

IMG_9305-1.jpg

このシリーズは、本当に大好きでとっても面白かったなぁ・・
10巻で完結したんだけど、まだまだその後が見たい・・・です。

素敵な本を書いてくださった、松崎親子に感謝です・・・ありがとうございました。

子ども達が、ミニバスを初めて、それからバスケにのめりこんでしまった・・・私・・・
スポーツは何でもそうなんだろうけど、楽しいなぁ・・・・


スポンサーサイト

2015/05/19 14:05 | 面白い本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

心・・

「謝るなら いつでもおいで」・・・川名 壮志さん

図書館で、ふと気になって内容を知らずに借りてみました。

1025 071-3


あの、佐世保の小学校 小6女児の事件についての本でした。

 佐世保の小学校で小6女児が仲の良い同級生に殺害された痛ましい事件から10年。
 被害者家族は、どう精神のバランスをとり生きてきたのか。
 子どもの心がわからない全ての人に贈る渾身のノンフィクション。
  

  友だちを殺めたのは、11歳の少女。
  被害者の父親は、新聞社の支局長。僕は、駆け出し記者だった―。
  世間を震撼させた「佐世保小6同級生殺害事件」から10年。
  ―新聞には書けなかった実話。
  第十一回開高健ノンフィクション賞最終候補作を大幅に加筆修正。



新聞記者の川名さん。。。。
当時、事務所はビルの2階・・・・そして被害少女の家はその3階。
毎日顔を合わせていた少女の突然の死と、そして遺族は直属の上司。

その事件を通じて、みんなの心が崩れ、それでも時間とともに少しずつ懸命に心のバランスを保とうとし、
現在の被害少女の父の言葉・・・兄の言葉・・・
加害少女の父の言葉・・・
それぞれの思いが書かれています。

私も人の親として、
少しずつ親離れをする子どもの心に、どのように寄り添えばよいか?
あまりにも、色々なことを考えさせられる本でした。

その加害少女は、現在は20歳を超えて、施設を出て日本のどこかで暮らしているはずです。
被害少女のお兄さんの言葉・・・・・「謝るなら いつでもおいで」・・・・

いつか謝りに行く日が来るのでしょうか?

2014/11/12 13:23 | 面白い本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

走りながら・・

リンク先でもある、Happy WindさんのHP 「つまらない大人になりたくない」 の中で、紹介されていた本を読んでみました。

「走りながら 考える」 為末 大さん

ホントに、自分自身と正直に向き合ってきた方の、素晴らしい本でした。
(HappyWindさん、良い本を紹介してもらって・・ありがとうございます)

何が、素晴らしいかって・・・・?
なんか、人生の本みたいな感じなんですよね・・・

どうしたら、夢を叶えられるかじゃなくって、
どうしたら、挫折を一つのステップとして、見出せるか??

色々な事を、考えさせてくれた素晴らしい本でした。

IMG_8274-2.jpg


で・・・・・
なぜ、ここに私の酎ハイが・・・・・

可部連山トレイルの道中で、会長さんとの話の中で・・・・
お酒の話をしてて・・
会長さんが、「ハイボールですね」って言われたのに、
私は、「いいえ、タカラの辛口酎ハイです」・・・・って、キッパリ言い切ったんです。

が・・・・・

家に帰って見てみると、
毎日のお供の酎ハイの缶には

「ハイボール」

と、大きく書かれていて、びっくりしましたよぉ・・・・

この場をかりて・・・
「会長さん・・・ハイボールでした・・・アハハハ・・・」

2014/07/02 14:01 | 面白い本COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

ぼのぼの・・

昼間は、暑いねぇ・・・・

早朝に走っているから、まだ涼しいけど、昼間はもう走るのは根性いるなぁ・・

今、肘を骨折中の次女・・
今度は、骨折中にもかかわらず、スポ少の試合の後に、遊び回ってるもんだから、
シーソーの取っ手の部分で首を強打・・
声が出なくなる・・・って事になっちゃって、
昨日の夕方は、休日診療に走りまわっておりました・・

しばらくすると、声が少しずつ出るようになって・・一安心・・
骨にも異常が無くて、一安心・・

シーソーで、バタン・・と急にすると、お尻がフワッて浮くじゃない!
あれを面白がって、友達とやってて、
フワッて上がり過ぎて、手が離れて、飛んじゃって、取っ手で首を強打したらしい・・・
あんた・・ねぇ・・一応骨折中なんだけどね・・・

なんとも、親に似て、落ち着きのない子どもです・・・




話は変わって・・・
大好きな本(まんが)・・・・いがらしみきおさんの

ぼのぼの

昔から大好きなのよぉ・・・・・
ジグゾーパズルも買って、昔は壁に飾っていたのよ・・・・

その、ぼのぼの の 「ぼのぼの名言集」が出てました・・

画像 002-3

早速買って、「いいなぁ~・・ぼのぼのの世界はぁ・・・・」って、思いながら読んでます。

2014/05/19 17:01 | 面白い本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

さやかちゃん・・

いっきに、ポカポカ陽気になりました・・
この季節が気持ちが良いねぇ~


先日、

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」                       
                                  著:坪田信貴さん

読みました・・・。

IMG_7508-2.jpg

「やる気になる→やる→できるようになる」ではなく、「やってみる→できる→やる気になる」が正しい順番

「子どもが夢を語って努力を始めた時、周囲は、それを信じて温かく見守る」-ただそれだけで良いのです。

(本文より)

私的に、すごく面白かった・・
よい指導者に巡り合えると、こんなにも変われるんだなぁ・・
自分の子供が、中学や高校になったら、読ませたいなぁ・・と思える本でした。

軽くて、読みやすい内容になっていて、どんどんギャル(さやかちゃん)のファンになってしまいました。
子ども達の話に、ちゃんと耳を傾けて聞く・・・その簡単な事を絶対に疎かにしちゃあいけんなぁ・・と痛感です。





いよいよ、明後日に卒業式を迎える長女だけど・・

とうとう、昨日、我が家にインフルがやって来た・・・次女がインフルになっちゃったぁ・・

まぁまぁ、次女だから、いいんだけどね・・
長女にうつらんように・・と・・言っても、長女少々微熱びみ・・・微妙~・・
ここで、インフルになったら、もう卒業式に出られんので、仕方ないね・・
微熱よ・・・下れ~・・・・

昨日は、次女を休日診療に連れて行ったり、バタバタしてたら、

ドタドタ・・ドンドンドン・・・・

私、階段から落ちました・・トホホ・・・

自宅のU字階段の踊り場から下までだから、5~6段くらいなんだけどね・・

凄い音したのに、子ども達が見に来ないんで、

私・・・・「ア~ン・・お母さん、足が折れたぁ・・・」と、騒いだら、やっとインフルの次女が来た!
次女・・「立ってん」
そこで、ヨッコラショ・・と、私が立つと、
次女・・「立てるじゃん・・折れてないじゃん・・ドンクサ」

滑ったんで、足の裏とかがとの辺りを、ゴンゴンゴン・・・
腰も、ゴンゴンゴン・・・
って、うっちゃって、めちゃ痛かったんだぞぉ・・・・・

私は超ドジなんで、子ども達も良く理解してらっしゃる・・・
あ~あ・・誰も心配してくれん・・

でもね、足首の所と腰は、まだ痛いんだぞぉ・・
でもね、足首は古傷があるんで、いつもすぐ痛くなるんで、よく分からん・・

まぁ・・どんくさいのは、認める・・いつもの事なのだぁ・・トホホ・・


2014/03/17 13:49 | 面白い本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»