のらようび

お山が大好き!トレラン大好き!だけど遅い・・のんびり走ってます・・

夏のお休み・・

  1. 2014/08/22(金) 12:49:33|
  2. 日頃のぼそぼそ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
よく降ったねぇ・・それに、夜中の雷は凄かった・・・・・
でもね、子どもたち爆睡中で、まったく目を覚まさなかったですよ・・それも凄い!

一番ビビッていたのは、我が家の愛犬・・・チャコ!・・
大きな体を小さくして、小屋の中で、丸まっていました。
(いつもは、ガレージでふんぞり返ってる・・)

これじゃぁ・・走れんなぁ・・・
雨が止んだとしても、雷が鳴ってるから、コワいし・・・
あぁ~・・・まぁ、仕方ない!


今、仕事が忙しいんだけど、
お盆に、2日程、無理やり休みをもらって、大分に遊びに行ってきましたよ・・

0814 019-1

0814 048-1

久しぶりに見る「お猿さん」達は、以前より穏やかなような気がするなぁ・・
それに、次女はすぐに飽きたけど、
長女は、ずっと・・ずっと・・お猿さんを見て、しゃがみこんでる・・(無類の動物好き)
ずっと、猿を見ていたいんだそうだ・・
おまけに、大きなウ○チまで踏んずけていて、いやぁ~・・・洗わんと車に乗せんよぉ・・

0814 057-1
(まるで人間みたい・・・)

うちの子供たちは、水族館が近場にあるからか?
水族館には興味なし・・・・(うみたまご・・スルーです)・・

おいしい料理を頂いて、プールやアクアガーデンで遊びまくり・・温泉にもゆっくり入り・・
楽しい2日間はあっという間に終わってしまいました・・。



そして・・・日曜日・・!


下関で、

ドキュメンタリー映画 「かみさまとのやくそく」 が、上演されました。

HappyWindさんが、HPにUPされてて、
こういう映画は、大好きで・・・一人で見に行きましたよ。
(良い情報をありがとうございますぅ・・・)

次女と行こうと思ってたんだけど、
「いかん・・・家におる」って、言うもんで、
一人で行ってきました。

一言でいうと・・・すごく良かったです。


~胎内記憶を語る子どもたち~

胎内記憶を知ることで、親子関係を見直すきっかけに

「ボク(私)は、人の役に立ちたくて生まれてきた」、人とはお母さんの事。
悲しんでいるお母さんを選んで生まれてくる子どももいます。
子育てを通して、イライラしたり夫婦喧嘩がたえなかったり、
でも子どもは寛容です。
わざわざ「ごめんね」と謝らなくても、お母さんの笑顔をみるだけで「よかった」と
安心するはずです。

(池川明先生のコメント。パンフレットより抜粋)



胎内記憶の事は、子どもたちにも小さいころに聞いたことがあるんだけど、
うちの子どもたちは、まったく覚えていないんだって・・・

こんなにも、鮮明に記憶がある子どもたちがいて、
自分が生まれてきた理由までも、覚えている。

子どもの命は、自分を選んで生まれてきてくれたんだ・・・
子育てとは何なのか???
親とは何なのか??
じっくり考えさせられる、心に響く良い映画でした・・


スポンサーサイト

<<十種ヶ峰・・・ | BLOG TOP | にじ・・・>>

comment

  1. 2014/08/23(土) 17:41:34 |
  2. URL |
  3. HappyWind
  4. [ 編集 ]
ご覧になったんですね、
観てよかったと思えるものだったようで、嬉しいです。
生きている意味、使命、子どもとの向き合い方などなど、様々なことを考えるヒントになりますね。

「生きること」、頑張りましょう。

HappyWindさんへ

  1. 2014/08/25(月) 12:25:08 |
  2. URL |
  3. のら
  4. [ 編集 ]
そうなんです。
ホント良い映画でした・・ありがとうございました。
私もそういう風に、母親の元に生まれてきたのかなぁ??
と、不思議な感じでした。

生まれてきたことには、みんな意味があるんですね。


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback